“The Woman in the Window” by A. J. Finn

アマゾン購入はこちらから↑

⭐️⭐️⭐️ (3 Stars)

今日は2018年に出版された“The Woman in the window”by A.J. Finnです。こちらの小説はAmy Adams主演で映画化されています。去年ぐらいにブックチューブでたくさんの人がこの本を読んでいて、高評価だったのでちょっと興味はあったのですが、まあ自分で買うほど興味があるわけでもなく、ある日図書館に行ったらあったので借りてみました。

あらすじはニューヨークの家に一人で住んでいる(旦那と娘とは別居しており、離れて暮らしている)精神科医のアナフォックスという女性は外に出るのが怖くなってしまう病気になり、過去10ヶ月間を外に出ず、家の中で一人で過ごしています。話をするのは自分の担当の精神科医と体のリハビリに来てくれているトレイナーと地下に住んでいる借家人そしてオンラインでチャットする人たちだけです。彼女は窓からカメラで近所の様子を毎日みています。そして精神を安定する薬を飲みながらもお酒を毎日飲んでいて、心の状態が安定していません。そんなある日向かいの家に新しい家族が引っ越してきて、その家で誰かが殺されるのを窓からみてしまったことから話がどんどん進んでいきます。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“An Anonymous Girl” by Greer Hendricks and Sarah Pekkanen

アマゾン購入はこちらから↑

⭐️⭐️⭐️ (3 stars)

今回は”An Anonymous Girl” by Greer Hendricks and Sarah Pekkenenです。この本はかなり前にブックチューバーの間でよく読まれていた本で、その感想は覚えていなかったのですが、確か人気があった本だということは知っていたので読んでみました。

主人公はジェシカというメイクアップアーティストの女性で、彼女が小耳に挟んだ心理アンケートのようなものを他人の代わりに受けるところから始まります。

最初はお金のためだけに心理テストに参加したジェシカですが、テストを何回か受けていくうちに質問は答えにくいものになり、実際にやらなければいけないタスクがどんどん難しく、時に危険になっていきます。ジェシカはそのうちテストの主催者であるドクターシールズを疑うようになりますが、なかなかそこから抜け出すことができず、そうこうしているうちにドクターシールズに関する秘密を見つけていくというサスペンスものです。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“Little Fires Everywhere” by Celeste Ng – Review

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️ (3 stars)

今回はCeleste Ngの”Little Fires Everywhre”のご紹介です。この本は数年前からBookTubeで話題になっていて聞いたことはあったのですが、内容についてはあまり知らず、知っていたのは家族ドラマだということぐらいでした。最近シリーズとして映像化されているのを知りまして、シリーズをみる前に本を読みたいなと思っていたところ偶然図書館で見つけたので借りてみた次第です。

あらすじは、一言で言うと、一見理想的な街にすむ理想的な家庭リチャードソン一家の貸家にシングルマザーのミアと娘のパールが引っ越してきてから、リチャードソン家の子供達と交流を深めていくうちに一見幸せそうに見える家庭の様々な葛藤や歪みが見えてくる話です。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“The One” by John Marrs

アマゾン購入はこちらから↑

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5Star )

出ました!5つ星です。今回は”The One” by John Marrsをご紹介したいと思います。この本の前に読んだ本の内容がとても重く、そしてかなり長い本だったので、さくさくっと読めたこの本の評価を上げる要因になったのかもしれませんが、この本とってもよかったです。とくに心に残るとか、読んだ後にずっと考えてしまうとかいう本ではないのですが、とにかくエンターテイメント性がかなり強い本です。続きが気になってどんどん読んでしまいました。

あらすじはDNAテストで世界に一人の運命の人に出会えるという技術が発達した世の中でたくさんの人がテストを受けて、自分の運命の人と会って一緒になっているのですが、テストを受けて最近結果がきた5人のキャラクターの話を追っています。それぞれが様々な理由でテストを受けますが、テスト結果を受け取ってからその相手に会うまでと会ってからどうなるかの経過が読者をドキドキハラハラさせながら語られています。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“A Little Life” by Hanya Yanagihara

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️⭐️(4Star)

今日はようやく読み終わった”A Little Life”by Hanya Yanagiharaの紹介です。この本は2015年に出版され、いくつかの賞に推薦されていたり、とても人気で、いつか読みたいと思っていた一冊ですが、700ページ以上の長編なので厚さに圧倒されて、なかなか読み始められなかったのですが、2020年中にはからなず読みたいと思っていたので一つ目標達成できて嬉しいです。

この本はたしか3月の初めに読み始めたのですが、その後すぐにコロナ騒動でなぜか読書に集中できず、ずっと読めずに止まっていたのですが、ここ3週間ぐらいでコロナも落ち着き始めて本が読めるようになってきたのでそこからは割と早いペースで読み進める事ができました。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“Remember Me?” by Sophie Kinsella

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️1/2 (2.5star)

今回の本は”Remmber Me?”by Sophie Kinsellaです。Sophie Kinsella はChic Lit界では有名な作家で数々のChic Litを出版しています。彼女の一番有名な作品は”Confessions of a Shopaholic”でこの本は映画化もされました(映画はよくなかったですが。。)私はこの”Confessions of a Shopaholic”を15年ぐらい前に読んで、声を出して笑ったのをよく覚えています。モルジブに旅行に行った時で、あまり考えなくてもいいような軽いお話を読みたいなと思って、持って行ったのが”Confessions of a Shopaholic”でした。綺麗な海の見えるコテージでベットに寝転がって読みました。面白かったものの普段あまりChic litを読まない私はそれから一度も彼女の作品を手にすることは今回までありませんでした。今回読んだ”Remember Me?”はShopaholicでいい印象があったので同じ作家の本を読んでみようかなという気持ちになり読んだ次第です。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2020年に読みたい本

2020年が始まってすでに2ヶ月が終わろうとしていますが、時の進みの速さに追いついていけてない今日この頃です。私はブックチューブが大好きでよくみているのですが、みなさん年の終わりにその年読んだ本のトップテンとか年の始まりに今年読みたい本トップテンなどのテーマで本を紹介しているのに影響されまして、私も2020年以内にぜひ読みたいと思っている本を紹介してみようと思います。

まず、言っておきたいのは私読むのが遅いのでブックチューバーのみなさんのように1年で100冊とかには全く及ばせん。結果、2020年以内の読みたい本として紹介する本も数冊です。お恥ずかしい話ですが、なんと私の2020年読書ゴールがたったの20冊です。しかし!2月もそろそろ終わりの現段階で4冊読み終わりましたのでいいスタートを切ったと言っていいでしょう。この調子でどんどん読んでいけば20冊は軽いかも??

と言うことで前置きはこのぐらいにして早速2020年に読みたい本を紹介していきましょう。言い忘れましたがこれらの本は2020年に出版されると言う意味ではなく、私が個人的に2020年に読みたいと言うだけですでに出版されて時が過ぎている作品ばかりです。では始めましょう。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“The Immortalists” by Chloe Benjamin

⭐️⭐️⭐️1/2 (3.5star)

アマゾン購入はこちら↑

今回は”The Immortalists” by Chole Benjamin です。

NYに住む4人の兄弟がある日占い師のところに行き、一人づつ自分がいつ死ぬのかを聞きます。4人はこの予言を常に心の中に秘めつつ、それぞれの人生を生きてゆきます。自分に忠実に生きようと若くしてサンフランシスコに行き、本当の自分と愛を探すサイモン、子供の頃から手品を愛し、手品師になるクララ。軍隊の医者として地道に生きるダニエル。他の人との関わりを避け、リサーチの仕事に没頭するバーヤ。運命に影響されながら様々な選択をしていく4人それぞれの人生と彼らの葛藤が書かれています。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Feb 2020 Book Haul

また買っちゃいましたー。読んでいない本がたくさんあるのに年に2回の英語本古本セールだからと自分に言い聞かせ、とりあえず少しでも興味がある本をバッグに放り込み、セールの片隅で仕分けをし、うちにつれて帰ってきた9冊です。

しかも今回のセールは10月のセールの残り物なのでなんとBuy One Get One Freeなのです。だから9冊買ったけどなんと12ユーロでした。なかなかのお買い得だと思います。前回のセールの時にあまり時間がなく隅々まで見れなかったので今回のセールも楽しみにしていました。今回も残念ながら1時間半しかいられなかったのですが、それでも興味のある本をいくつか見つけることができました。1時間半なんてあっという間です。大まかなジャンルと値段で分けてあるだけなので本当に宝探し的な感覚で何時間も過ごせてしまいます。自分が欲しかった本を見つけた時のあの感動が楽しいのです。本好きの皆様ならきっとわかってくださるでしょう。

さて、今回はこれだーーー!という本は見つからなかったものの、以前からちょっと興味のあった本や作家の本を見つけることができました。以下ご紹介します。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“The Perks of being a wallflower” by Stephen Chbosky

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️⭐️(4/5)

今日ご紹介するのは”The Perks of Being A Wallflower” by Stephen Chboskyです。この本は以前映画を見てからずっと読みたいと思っていた本ですがついに読むことができました。評価は星4つです。

内容は15歳のチャーリーが手紙形式で語る彼の見て感じた高校生活と心の葛藤が書かれています。現代社会が抱えるたくさんの問題点(自殺、メンタルヘルス、性的指向、虐待など)を含んでおり、重たい内容なのですが、15歳の視点から見た手紙形式で書かれていることと、90年代のポップカルチャーやアメリカの高校生が経験する楽しいカルチャーなどの言及が多々あり、それほど重くなることなく読む進むことができました。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村