“The Haunting of Hill House” by Shirley Jackson”

アマゾン購入はこちらから↑

⭐️⭐️⭐️(3つ星)

さて、今回は1959年にShirley Jacksonが書いた有名なホラー”The Haunting of Hill House”です。Netflixで最近シリーズ化されていましたね。映画化は1963年と1999年に2回ほどされているようです。シリーズも映画もみていないのですが、これだけ映像化され、本も昔からずっと人気があるようなので(スティーブンキングなどの有名作家もこの本を絶賛しているらしい)、読んでみることにしました。まずホラーと思って読んだのですが、ホラーとしてはそれほど怖くはなかったです。個人的にはこれはホラーとちょっとジャンルが違うような気もします。

あらすじはパラノーマルの研究をしている(?)モンターギュ博士が呪われていると言われるこの丘の上の屋敷を調べるために3人の若者と一緒にその屋敷で過ごす数日間のお話です。主人公のエレノアはずっと看病をしていた母が亡くなり、一人で自由に色々できる身となり、この屋敷に来ることを一つの冒険のように捉えています。今まで他人とあまり関わったことのなかったエレノアにとって、この家で一緒に生活することになったモンターギュ博士、テオドラ、ルークとの関係は新鮮で興味深く、引っ込み思案のエレノアもだんだんと心を開いていきます。屋敷は不気味で、気味の悪いことが次々に起こっていきますが、途中からエレノアの精神もちょっとおかしくなってきているようで読者はこれは本当に屋敷に取り憑かれているのかそれともエレノアの頭の中だけのことなのかわからなくなってきます。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“The Guest List” by Lucy Foley

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️(3つ星)

今回はGood Readsの2020年Choice AwardのMystery and Thriller部門で大賞に選ばれた”The Guest List” by Lucy Foleyです。この作者は聞いたことなかったのですが、ブックチューブでも結構みなさん読んでいて、Choice Awardにも選ばれたということで少し期待してしまった部分もあると思います。

あらすじはアイルランドの近くにある小さな島であるカップルが大規模な結婚式をあげます。誰もが羨む素敵なカップルで、素敵な結婚式になると本人たちも含めみんなが想像していますが、話は結婚式当日のパーティー中に嵐で電気が消え、誰かの恐怖に怯える叫び声が聞こえるところから始まります。結婚式に参加した数人の語り手の視点から話は語られ、過去に起こった出来事、現在何が起こっているのかと過去の話を含みながら登場人物の関係性が少しづつ明らかにされていきます。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“Breath of Scandal” by Sandra Brown

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️(3つ星)

今回は個人的に初めてのジャンルですが、ロマンスミステリー(?)と呼ばれる作品を多々書いているSandra Brownの”Breath of Scandal”です。近所の方が読み終わったいらない本をたくさんくれたのですが、知っている本がひとつもなかったのでとりあえず何冊もあったこの作家さんを調べてみましたところ、たくさんのベストセラーを生み出す超有名作家さんでした。ロマンスやロマンスミステリーを得意とするらしいのできっと今まで私の視界に入っていなかっただけかと思います。

彼女の本を何冊かいただいたのですが、表紙からなんとなくこの一冊を選んで、読んでみることにしました。その際、集英社のサイトに乗っていたサンドラブラウン作品マトリックスを何気にみていたらこの本はサンドラさんの作品の中でももっともサスペンス性が高く、ロマンス性が低い評価になっていました。ロマンス初心者の私にはこのぐらいがちょうどいいかと思い、読み始めたところ、初めてまもなくすでにロマンス的な場面が出てきて、これがロマンス性低い作品だったら他の作品は大変なことになっているのかなと思ってしまいました。さて、本題に入ります。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“Where the Crawdads Sing” by Delia Owens

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️⭐️(4つ星)

今回は2018年に出版され、かなり人気になったこちらの”Where The Crawdads Sing” by Delia Owensです。人気なのは知っていたのですが、読む前に内容はほとんど知らず、なんとなくわかっていたのはアメリカのどこかの湿地で女の子が一人で生き延びるという話だということだけでしたので、いまいち興味がわかず、暗い話なんだろうなと思い、敬遠していました。

しかしあまりにたくさんの方が推薦しているのとたまたま安くなっていたので、読んでみることにしました。

あらすじは1969年のある日、小さな町のクォーターバックとして有名だったChaseが死体で見つかります。警察が捜査を進めていくうちに子供の頃から湿地に一人で住んでいて町の人から”Marsh Girl”と呼ばれているKyaが容疑者にあがります。話は殺人の起きた時からとKyaが子供の時からどうやって一人で湿地を生きてきたのかを二つの時制で入れ替わり綴っていきます。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“Radio Silence” by Alice Oseman

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️⭐️ (4つ星)

今回はブックチューブで人気のあったYA、”Radio Silence” by Alice Osemanを読んでみました。この本はすごく高評価だったので、読む前から結構期待感がありましたが、私は何しろティーンという年代からすでにかなり離れてしまったので、キャラクターに共感できるかという点がすこし不安でした。

フランシスはいい大学に入っていい仕事につくために学校でいい成績をとり、優等生を演じています。今まで特になんの疑問もなく、その目標に向けて頑張ってきた彼女ですが、学校の友達とに距離感を覚え、彼女たちと共感できない自分に気づいていきます。ある日フランシスが大好きなユーチューブのポッドキャスト『Univers City』という番組をきっかけに向かいに住むAledと仲良くなります。初めて自分を理解してくれる人に出会えたフランシスはAledと急激に仲良くなっていきますが、二人にはそれぞれ悩みや秘密、ストレスがあり、個々に悩み、成長していく様子がフランシスの視点から描かれています。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“The Family Upstairs”by Lisa Jewell

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️(3つ星)

今回は去年割と話題になっていましたミステリースリラーで”The Family Upstairs” by Lisa Jewellです。ユーチューバーの間でも割と話題にあがっていたので読んでみることにしましたが、なぜか私の中でこの本はホラーだと思い込んでおりまして、あれっ?いつホラーになるのだろうと思っている間に半分ぐらい読んでしまい、確認したところホラーではないことが判明しました。これは完全に私の勘違いで私が悪いのですが、すごく怖いのを期待していたのでちょっと肩透かしというかあれ?怖くないじゃんという思いが半分ぐらいまでありました。半分からはちゃんとミステリーだと思って読んだのでホラー要素を期待することなく読み進むことができました。

あらすじは養女として育てられたLiddyが25歳の誕生日に自分の本当の身元と財産を知らせる手紙を受け取ります。そこにはLiddyがロンドンの高級住宅街にある大きな家を相続すると書かれていました。しかしそれと同時に25年前その家では3人の大人の遺体が発見され、そこに残された赤ちゃんがLiddyだったという真実も知ります。そしてそこ住んでいたと思われる子供達の存在も知りますが、その子供達は25年前から消息を経っており、誰も真相を知らないのです。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“Becoming” by Michelle Obama

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️⭐️(4つ星)

2020年に読みたい本としてあげていた3つの本の中で一つだけ読み終わっていなかったこちらの本ですが、年初めに読み終わることができてよかったです。基本、ノンフィクションがちょっと苦手なので普通でも読むのが遅い私がさらにゆっくりと読んだこちらの一冊。途中まで読んでは止まり、読んでは止まりを繰り返しながら後半は一気に読めました。

結果は4つ星です。まあ読む前から私はオバマさんとミシェルさん贔屓なので、公平な目でみれていないと思いますが、アメリカの大統領とその家族になるという重荷というか重大さを少し垣間見ることができたように思います。色々な舞台裏話や生い立ち、馴れ初めなどパーソナルな部分がとても興味深かったです。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“The Silent Patient” by Alex Michaelides

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️(3スター)

今回は去年、Goodreads アワードのミステリー部門で一番に選ばれた“The Silent Patient” by Alex Michaelidesの感想です。これはブックチューバーの間でもかなり読まれていたし、人気があるようだったので、結構期待して読んでしまいました。

あらすじはアリシアという画家の女性が自分の旦那を銃で撃って殺し、警察に捕まるがその後6年間一言も話をしなくなってしまいます。精神科病棟で薬漬けの日々を過ごすアリシアのところにテオというセラピストが来てなんとかアリシアに真相を話させようと試みます。テオはアリシアを理解しようとアリシアの家族や知り合いのところへ行き、色々話を聞いたりして必死になります。アリシアは言葉を喋るようになるのでしょうか?そしてなぜアリシアは旦那を殺したのでしょうか?という感じの内容です。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“When You Reach Me” by Rebecca Stead

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️(星3つ)

今回はサクッと読める”When you Reach Me” by Rebecca Steadです。これは児童書(またはYA)とカテゴライズされている本で、10歳ぐらいからおすすめとなっていました。

あらすじは6年生の女の子ミランダとその周りで起こる日常と非日常の交差を6年生の視点から書いたもので、ミランダと同じアパートに住む親友のサルがある日突然、近所の子供に殴られてしまい、その日からサルはミランダと話をしなくなってしまうところから始まります。サルがなぜ友達でなくなってしまったのかわからないながらもサルと距離を置き、新しい友達と仲良くなっていくなかで、ある日ミランダが学校から帰ってくると家の鍵が開いていて、そのあと誰からかわからない謎のメモを見つけます。このあとミランダはさらに数枚のメモを見つけます。メモにはミランダにとってわけのわからないことが書いてあり、誰かの命が危ないというような内容が書かれています。誰がそしてなんのためにミランダにメモを置いているのか?危険にさらされる友達とは誰のことか?

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

”The Vanishing Half” by Brit Benett

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️⭐️ (4スター)

今回は今年の夏あたりにブックチューバーの間で話題になっていた本。”The Vanishing Half” by Brit Benettです。BLMムーブメント真っ只中のアメリカで出版されたこの本はそのタイミングと肌の色やアイデンティティについて深く考えさせられる内容により、ベストセラーになりました。

話の大まかな内容は南部の小さな村(町?)に生まれた双子の姉妹、デズリーとステラ、またその子供達の人生が1950年代から90年代にかけて複数の視点から語られています。デズリーとステラは黒人ですが、肌の色が明るい黒人で、肌色の明るい黒人によって形成された村で16歳まで過ごします。小さな村に嫌気のさしたデズリーはステラを誘って家出をし、二人でニューオーリンズに引っ越します。そこで、タイピングが得意なステラはデズリーに説得され、黒人ではふつう雇ってもらえないだろうという秘書の仕事に応募し、白人と間違われ、採用されます。仕方なく白人を演じていたステラですが、いつのまにかそれが普通となり、デズリーとステラは全く違う人生を送っていくことになります。

星は4つです。この本には人種差別、同じ人種内での差別、セクシュアリティーなど数々の問題点が入り混じっており、色々な意味で考えさせられる本でした。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村