“A Little Life” by Hanya Yanagihara

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️⭐️(4Star)

今日はようやく読み終わった”A Little Life”by Hanya Yanagiharaの紹介です。この本は2015年に出版され、いくつかの賞に推薦されていたり、とても人気で、いつか読みたいと思っていた一冊ですが、700ページ以上の長編なので厚さに圧倒されて、なかなか読み始められなかったのですが、2020年中にはからなず読みたいと思っていたので一つ目標達成できて嬉しいです。

この本はたしか3月の初めに読み始めたのですが、その後すぐにコロナ騒動でなぜか読書に集中できず、ずっと読めずに止まっていたのですが、ここ3週間ぐらいでコロナも落ち着き始めて本が読めるようになってきたのでそこからは割と早いペースで読み進める事ができました。

星は4つです。この話は読んでいて本当に辛いのです。Trigger Warning(閲覧注意?)が満載で、読んでいて苦しくなるような場面がたくさん出てきますので軽い気持ちで読まないほうがいいかもしれません。読み進むのは辛いのですが、先が気になるし、読み進むうちに登場人物を応援したい気持ちも重なってどんどん読み進めていく事ができました。

あらすじは大学時代に出会った4人の友達が、大学を卒業して自分たちそれぞれの夢を追いかけて始めたニューヨークでの生活、そしてその先30年あまりの人生、葛藤、友情が書かれています。でも話の主人公はJudeという男性で主に彼の辛い過去とそれに取り憑かれて自由になれない現在とそれを取り巻く友達の葛藤の話と言ったほうが正しいかもしれません。

Judeは自分の周りの人たちに心から気を許す事ができず、自分の過去を誰にも話す事ができません。自分が心から信用している友達Whilemにもどうしても自分の事を話す事ができず常に心に葛藤があります。周りの人たちもなんとかしてJudeを助けたいのですが、そのすべがなくどうしていいのかわかりません。Judeの様につらい過去がある人は恐怖心からどうしても他人に心を開く事ができないだろうという事が読んでいてわかる(それは感情だけの問題でなく、身体的にも身体が勝手に反射して心を開く事を妨げているということもあるのだなという事にも気づきました。)のですが、読者としてはなんとかJudeに心を開いて欲しいと彼を応援してしまうのです。そして彼を心の底から助けたいと思っている周りの人たちの葛藤も痛いくらい伝わってきます。過去にトラウマを持った人やメンタルヘルスの問題を抱えている人たちの心の中を垣間見た様な気持ちになり、Judeのケースは極端なケースだけれども多かれ少なかれ心の傷がどの様に私たちの未来の行動や考え方に反映されるかという理解が少し深まった様に思います。Judeの葛藤を読むとメンタルヘルス問題を抱えている人々にとって毎日は自分との戦いであり、これはとても複雑な問題で簡単な解決策というのはないのだという事がわかります。

読む前からこの本を読んで泣いている人をたくさん見たり、聞いたりしていたのでこれはかなり泣くだろうなと思って挑んだのですが、思ったよりは泣いた回数と程度が低くてある意味驚きました。(A Monster’s Callを読んだ時の嗚咽ぐらいを想像していたので)読むのが辛いシーンや登場人物の気持ちが痛いくらいにわかる場面などたくさんあり、もちろん泣いたのですが、これはもしかしたらJudeの経験や周りの人の葛藤も自分の経験とかなりかけ離れたものなのでそこまで感情移入をせずに済んだのかもしれません。もしもっと深く感情を移入してしまっていたら大変なことになっていただろうと思います。泣ける本というとお涙頂戴ものかなと思われがちですが、これは私にとってはわざと泣かせようとして書かれた様には思えませんでした。(わざと読者を感情的にするために過去のトラウマの詳細を書いたりしたのではないかという意見もありますが。)心が締め付けられる様な場面がたくさん出てきますが、それは私には作者がわざと読者を泣かせるために書いた様には思えなかったからです。そこがまたいいところだと思います。過去の様々なトラウマはちょっとあまりにもひどすぎだと思いますが、これはただ読者を驚かせて感情的にするために書いたというよりも、Judeの現在の苦しみや複雑な心境を説明するのに必要な過去として書かれた様に思いました。

個人的にはいい本だと思うのですが、みんなに勧めるかというとちょっと躊躇する本かもしれません。ヘビーな内容の本が好みの人にはお勧めします。虐待のシーンも多く、やるせない気持ちになり、先を読むのが怖くなったり、怒りの感情もでるし、本当にこの本を読む時は心して読んだ方がいいと思います。心が傷つけられる事を承知の上で読まないとダメージが大きすぎるかもしれません。700ページ以上でかなりのボリュームですが、それぞれの人間関係やキャラクターの育成にはこの長さがないとここまで共感できなかったと思いますのでこの長さは必須だと思いました。それぞれのキャラクターの葛藤がとてもうまく書かれていて、それぞれの気持ちが理解できるだけにもどかしく、時ににイライラし、時に胸が痛くなり、時に感じた深い愛から心が温まる様な本でした。

”A Little Life”は作者の2作目の作品だそうで、今後にも期待したいと思います。

しかしこのアメリカ版の男性が一人アップで写っているカバーどう思いますか?私が持っているバージョンは多分イギリス版でこの表紙ではないのですが(イギリス版は白い表紙にA Little Lifeという文字が大きく書いてあり、その文字の中がNYのアパートの非常階段入りの外観となっている)、私はこのアメリカ版のカバーが大好きなんです。この男性のなんとも言えない表情がこの本の内容にすごく合っています。このひとつの表情に色々な感情が込められる様に見えて、カバーだけで胸が痛くなります。もし見たことない方はぜひアメリカ版カバーも探してみてくださいね。このカバー作った人天才。

アマゾン購入はこちら↑

日本語版はまだ出ていないみたいですが、もし日本語翻訳本がでたらどちらの表紙になるのか興味津々です。

ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“Remember Me?” by Sophie Kinsella

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️1/2 (2.5star)

今回の本は”Remmber Me?”by Sophie Kinsellaです。Sophie Kinsella はChic Lit界では有名な作家で数々のChic Litを出版しています。彼女の一番有名な作品は”Confessions of a Shopaholic”でこの本は映画化もされました(映画はよくなかったですが。。)私はこの”Confessions of a Shopaholic”を15年ぐらい前に読んで、声を出して笑ったのをよく覚えています。モルジブに旅行に行った時で、あまり考えなくてもいいような軽いお話を読みたいなと思って、持って行ったのが”Confessions of a Shopaholic”でした。綺麗な海の見えるコテージでベットに寝転がって読みました。面白かったものの普段あまりChic litを読まない私はそれから一度も彼女の作品を手にすることは今回までありませんでした。今回読んだ”Remember Me?”はShopaholicでいい印象があったので同じ作家の本を読んでみようかなという気持ちになり読んだ次第です。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2020年に読みたい本

2020年が始まってすでに2ヶ月が終わろうとしていますが、時の進みの速さに追いついていけてない今日この頃です。私はブックチューブが大好きでよくみているのですが、みなさん年の終わりにその年読んだ本のトップテンとか年の始まりに今年読みたい本トップテンなどのテーマで本を紹介しているのに影響されまして、私も2020年以内にぜひ読みたいと思っている本を紹介してみようと思います。

まず、言っておきたいのは私読むのが遅いのでブックチューバーのみなさんのように1年で100冊とかには全く及ばせん。結果、2020年以内の読みたい本として紹介する本も数冊です。お恥ずかしい話ですが、なんと私の2020年読書ゴールがたったの20冊です。しかし!2月もそろそろ終わりの現段階で4冊読み終わりましたのでいいスタートを切ったと言っていいでしょう。この調子でどんどん読んでいけば20冊は軽いかも??

と言うことで前置きはこのぐらいにして早速2020年に読みたい本を紹介していきましょう。言い忘れましたがこれらの本は2020年に出版されると言う意味ではなく、私が個人的に2020年に読みたいと言うだけですでに出版されて時が過ぎている作品ばかりです。では始めましょう。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“The Immortalists” by Chloe Benjamin

⭐️⭐️⭐️1/2 (3.5star)

アマゾン購入はこちら↑

今回は”The Immortalists” by Chole Benjamin です。

NYに住む4人の兄弟がある日占い師のところに行き、一人づつ自分がいつ死ぬのかを聞きます。4人はこの予言を常に心の中に秘めつつ、それぞれの人生を生きてゆきます。自分に忠実に生きようと若くしてサンフランシスコに行き、本当の自分と愛を探すサイモン、子供の頃から手品を愛し、手品師になるクララ。軍隊の医者として地道に生きるダニエル。他の人との関わりを避け、リサーチの仕事に没頭するバーヤ。運命に影響されながら様々な選択をしていく4人それぞれの人生と彼らの葛藤が書かれています。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Feb 2020 Book Haul

また買っちゃいましたー。読んでいない本がたくさんあるのに年に2回の英語本古本セールだからと自分に言い聞かせ、とりあえず少しでも興味がある本をバッグに放り込み、セールの片隅で仕分けをし、うちにつれて帰ってきた9冊です。

しかも今回のセールは10月のセールの残り物なのでなんとBuy One Get One Freeなのです。だから9冊買ったけどなんと12ユーロでした。なかなかのお買い得だと思います。前回のセールの時にあまり時間がなく隅々まで見れなかったので今回のセールも楽しみにしていました。今回も残念ながら1時間半しかいられなかったのですが、それでも興味のある本をいくつか見つけることができました。1時間半なんてあっという間です。大まかなジャンルと値段で分けてあるだけなので本当に宝探し的な感覚で何時間も過ごせてしまいます。自分が欲しかった本を見つけた時のあの感動が楽しいのです。本好きの皆様ならきっとわかってくださるでしょう。

さて、今回はこれだーーー!という本は見つからなかったものの、以前からちょっと興味のあった本や作家の本を見つけることができました。以下ご紹介します。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“The Perks of being a wallflower” by Stephen Chbosky

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️⭐️(4/5)

今日ご紹介するのは”The Perks of Being A Wallflower” by Stephen Chboskyです。この本は以前映画を見てからずっと読みたいと思っていた本ですがついに読むことができました。評価は星4つです。

内容は15歳のチャーリーが手紙形式で語る彼の見て感じた高校生活と心の葛藤が書かれています。現代社会が抱えるたくさんの問題点(自殺、メンタルヘルス、性的指向、虐待など)を含んでおり、重たい内容なのですが、15歳の視点から見た手紙形式で書かれていることと、90年代のポップカルチャーやアメリカの高校生が経験する楽しいカルチャーなどの言及が多々あり、それほど重くなることなく読む進むことができました。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

読んだ洋書の日本語翻訳本情報も追加

このブログは日本人の方でも洋書を楽しんでいらっしゃる方がたくさんいることを前提に始めたブログなのですが、もしかしたら洋書に興味がない方でも私の紹介した本に興味を持ってくださる方がいるかもしれないと思ったのがきっかけで、これからはもし紹介する洋書に日本語翻訳バージョンが出ていればそちらもリンクしていきたいと思います。

これは私の好きな本が何語であれ、他の方に読んでもらえて、そして好きになってもらったら嬉しいなという思いからです。海外で有名でも日本ではあまり有名になってない作品もまだまだたくさんあると思います。このブログをきっかけにもし誰かがその本を読みたいなと思ってくれたら幸いです。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“A Man Called Ove” by Fredrick Backman

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️ 3/5

さて、今回は”A Man Called Ove” by Fredrik Backman です。Fredrik Backmanはスウェーデンの作家で、You Tubeで彼の他の作品が紹介されていたのをみて興味を持ちました。BookTubeで紹介されていた作品は主に”Bear Town” と”Us Against You”でしたが、こちらの2作品は割とヘビーな内容のようなので、もう少し軽い感じのこちら”A Man Called Ove”を選びました。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“Six Of Crows” by Leigh Bardugo

⭐️⭐️⭐️ 3/5

アマゾン購入はこちら↑

”Six Of Crows” by Leigh Bardugoの感想です。この本は私が普段読まないような戦闘ものファンタジーですが、BookTubeでたくさんの方が勧めていたので近所の英語中古本セールがあった時にすかさず買った一冊です。Booktubeの影響もあり、最近は毛嫌いせずに色々なジャンルの本を読んでみようという気になりまして、手に取った次第です。

あらすじは簡単に言えば、Ketterdamで育った犯罪の天才Kaz Brekkerがそれぞれの特技を持った仲間(?)たちと一緒に一獲千金をかけて、不可能に近い強盗(というか牢屋からの人質救出)を試みるという物語です。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

“We Were Liars” by E. Lockhart

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️2/5

今読んでいる本がなかなか終わらないので過去に読んだ本のレビューを書こうと思います。“We Were Liars” by E. Lockhartという作品です。こちらはYAでロマンスとミステリーの要素も含んだ青春小説とでも言ったらいいのでしょうか?

星は残念ながら2つです。会話が多いので読みやすいし、ページ数も少なく、文体も詩的で美しいので読みやすさでは高得点だと思います。(ところどころ詩的な表現があり、解釈が困難なところもありましたが。)お金持ちの子供達(いとこ達プラス一人)が毎年夏に行くプライベートアイランドで過ごすある夏の出来事が思春期に感じるたくさんの感情とともに書かれています。状況や風景が綺麗に頭に浮かんできて、楽しい夏とどこか切ない夏が入り混じったような不思議な気持ちにさせてくれる小説でした。

(more…)
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村