洋書コーナー

“Aristotle and Dante Discover the Secret of the Universe”by Benjamin Alire Sáenz

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5つ星)

 2021年最後の一冊に選ばれたのはこちら。”Aristotle and Dante Discover the Secret of the Universe” by Benjamian ALire Sáenzでした。一年の締めくくりにふさわしく堂々の5つ星です!

これはよかった。私好み。結構前に出版されて、ブックチューブで既にたくさんの人が推薦していたので、読みたい本リストには入っていたのですが、数ヶ月前の古本市で運良く見つけてやっと読むことができました。ジャンルがYAなのでもしかしたらあまり好みじゃないかな?とも思ったのですが、いやいや全然好みでした。2021年の締めくくりがこの本でよかったと思いました。

あらすじは友達がいない15歳のAristotle(Ari)とちょっと変わった性格のダンテの友情と困惑、そして家族との愛情と葛藤などがAriの目線から書かれています。またそれだけでなく様々な社会的問題もところどころに散りばめてあり、色々と考えさせられる一冊でした。友達がいないAriは15歳の夏ひょんなことからDanteと友達になります。二人は友情を深めていく中でAriの閉ざされた心も少しづつ開いていきます。またAriには戦争により心に傷を負った父親がおりその父親との関係はいつも少し距離を置いたものでした。父親を理解したいけれど理解できないAriの不満、そして家族の中で話をすることがタブーとなっている監獄にいる実の兄に関する疑問なども15歳の心に重くのしかかっており、それらの問題も織り交ぜながら話は進んでいきます。

この本は私的にすごく好みでぜひ再読したいと思う一冊でした。特にここが感動したとか泣いたとかというところはないのですが、主人公Ariの15歳の繊細な感情がうまく表現されていたように思います。自分自身も自分のことがわからない年齢なので周りの人に理解できるはずがないのですが、Ariの周りにいるAriを愛する大人は時にAri自身よりも彼の繊細な心を理解していたのかもしれません。

初めてできた友達とどんどん仲良くなっていく中でその不安と戸惑いが非常にうまく書かれていたと思います。私が思うにAriは初めての友達と急激な勢いで仲良くなり、その関係がなくなることに無意識のうちに不安を感じてしまったのではないかと思います。だから怒りの感情が出てしまったり、自分でも理解できない行動をしてしまったりといったことがあったのではないでしょうか?ダンテはアリと逆の性格で素直で思ったことを口に出せる子ですが、アリは口下手で言いたいことも素直に言えない子なのである意味、自分のできないことが簡単にできてしまうダンテに嫉妬していたのかもしれません。そして自分自身の感情が理解できずに葛藤します。

とにかく登場人物がみんな愛おしく感じられる作品でした。この歳になっても15歳の繊細な心もわかるし、またこの歳だからこそ両親の気持ちもわかります。そういった意味でこの本はYAですがもしかしたら大人が得るものの方が大きいかもしれません。大人になると15歳の頃の混乱した気持ちや説明できない怒りを忘れてしまうかもしれませんが、この作品を読むことにより色々と思い出すことがあるかもしれません。15歳の若者が読んだ際の感想も非常に気になります。自分が今15歳ではないから客観的に色々と理解することができるのか、それとも15歳の時に読んだらもっともっと共感できるものなのか。興味深いところです。

またこの作品はメキシコ移民やその子供たちの葛藤、性アイデンティティに関する葛藤、また戦争から帰ってきた兵士のPTSDに関しても言及されており、その世界に対して無知だった人は新しい発見があったり、またその世界にいる人たちはたくさんの共感を抱いたと思います。

この作品は私はここで下手な説明をするよりもぜひみなさんに読んでいただきたい作品です。うまく説明できないのですが、読んだ後に微笑みが出るような美しい作品だと思いました。描き方とか表現とかがすごく好きな作品だったので再読時はぜひAnotationをしながら読みたいです。

こうゆう青春っぽい作品は苦手という方も多いかもしれませんが、私的にはすごくおすすめの作品です。2021年読んだなかで一番良かったといっても過言ではないかもしれません。またチャプターが激短でしかも会話文が多いので本当にサクサク読める作品でしたので年末の限られた時間の中で読み終わることができたのも良かったです。

またこの作品は今年続編が出たようですが、これは読みたいような読みたくないような複雑な気持ちです。この作品は私の中では一冊で完結していて、この先は知らない方がいいような気がするからです。本にしろ映画にしろ続編はあまり良くない印象が多いので続編を読んで初編の素晴らしさが半減してしまったらどうしようという不安があるからです。続編は読んでないのでわかりませんが、こちらの作品はぜひ手に取っていただきたい一冊でした。

2021年もギリギリ目標達成(20冊)できて良かったです。2022年ももっといろんな出会いと発見がある年にしたいと思います。よろしくお願いいたします。

2022年1月現在多分日本語訳は出てないみたい。これはぜひ翻訳してほしいなあ。

アマゾン購入はこちら↑
続編はこちら↑
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Translate »