洋書コーナー

“The Family Upstairs”by Lisa Jewell

アマゾン購入はこちら↑

⭐️⭐️⭐️(3つ星)

今回は去年割と話題になっていましたミステリースリラーで”The Family Upstairs” by Lisa Jewellです。ユーチューバーの間でも割と話題にあがっていたので読んでみることにしましたが、なぜか私の中でこの本はホラーだと思い込んでおりまして、あれっ?いつホラーになるのだろうと思っている間に半分ぐらい読んでしまい、確認したところホラーではないことが判明しました。これは完全に私の勘違いで私が悪いのですが、すごく怖いのを期待していたのでちょっと肩透かしというかあれ?怖くないじゃんという思いが半分ぐらいまでありました。半分からはちゃんとミステリーだと思って読んだのでホラー要素を期待することなく読み進むことができました。

あらすじは養女として育てられたLiddyが25歳の誕生日に自分の本当の身元と財産を知らせる手紙を受け取ります。そこにはLiddyがロンドンの高級住宅街にある大きな家を相続すると書かれていました。しかしそれと同時に25年前その家では3人の大人の遺体が発見され、そこに残された赤ちゃんがLiddyだったという真実も知ります。そしてそこ住んでいたと思われる子供達の存在も知りますが、その子供達は25年前から消息を経っており、誰も真相を知らないのです。

星は3つです。話の内容は惹きつけられるものがあるし、いろんな意味で気味が悪いし、キャラクターも何人かはすごく複雑な心を持っていることがうまく書かれていたと思います。そしてカルトっぽい雰囲気もあるのですが、カルトってこんな感じで始まるのかなーと思い、そう思うと少し怖くなりました。こうゆう風になぜか人を魅了するというか人を操るのが上手い人って実際にいると思うし、なんか人間のちょっとした隙間に入り込んでいくのが上手いというか、そうゆうずる賢さみたいのが恐怖。普段はそんな人に惹かれたり、騙されたり、つけ込まれたりすることはないだろうけどもしも自分の心が弱っている時に巧みにその心の隙間に入り込まれたらどうなってしまうのかと思うと恐ろしいです。

話は3人のキャラクターが現在や過去を交えて話していくという展開で、キャラクターも割と多いので、最初の方はちょっと混乱しましたが(LiddyとLucyという名前も私的には混乱の原因でした)、チャプターは短く、難しい言葉もあまりなく、割と読みやすくサクサク進むと思います。

なぜ3つ星かというと話の辻褄が合わないというかあれ?なんで?と疑問に思う場面がいくつかあったからです。なんでこの人たちはこうゆう疑問を持たないのか?と作中のキャラクターに疑問を持つことが数回あり、ミステリーを書くのであればそこらへんもちゃんと考えるはずよね?と思ってしまい、腑に落ちない感が残りました。私の読みがおかしいのかもしれませんが、これはみんな疑問に思っていないのか、これから他の人が書いたレビューを読んで答えを探してみたいと思います。だってミステリーを書く人やミステリーを出版する人がここを疑問に思わないことはないと思うのです。そして私的には最後のクライマックスというかもっと色々起こることを期待してしまっていたのが低評価につながったと思います。そして最後の終わり方はもしかして作者さん続編の可能性を残しているのかなという印象でした。

まあ常になんか不気味な感じがあるし、この家の中で起きていることはある意味ホラーだし、サクッと読める不気味な本(腑に落ちないところ少々あり)を求めている人にはいいかと思いますが読んだ後もなんか暗い気持ちが残る可能性ありです。

この作家さんLisa Jewellさんは初めて読んだのですが、他にもたくさん本を出しているようなので、これに懲りずにもう一つぐらい読んでみようかなと思います。この本の終わりに彼女がこの本を描き始めたインスピレーションをインタビューで答えているのがのっていたのですが、まずはDysfunctional Familyものを描きたいなという思いがあり、そしてフランスにバケーションに行った時にふたりの小さな子供を連れた女性がMembers Onlyのビーチクラブのシャワーにこっそり入って行き、綺麗になって出ていくのを目撃し、その人ががLucyというキャラクターになり、そこから想像力を膨らませ、彼女の生い立ちなどを考えていき、この物語に行き着いたという内容でした。これはとっても興味深い話でした。この彼女がフランスのビーチでみた情景は話の中にそのまま生かされていて、日常のこんな一コマからこうして話をどんどん膨らませていくのだなあと作家さんの話の作り方の裏話が聞けて面白かったです。(まあ人それぞれ話の作り方は違うと思いますが。)もしおすすめのLisa Jewell本がありましたらぜひ教えてください。この物語の日本語版は今のところでていないようですね。

アマゾン購入はこちら↑
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Translate »